beetle 1303 と、その仲間たち。

VW type1 1975年製 1302と、1996年製JEEPチェロキー、ハイエースベースのキャブコンキャンピングカー・ファンルーチェ”ウラルエイジア”、あとボロボロの畑作業用タウンエーストラックのブログです。

ファンルーチェ・ウラルエイジア~雨の日にバックドアを開けると、背中がベチャベチャになる問題を解決する。

ファンルーチェのウラルエイジア。

f:id:may_sha:20190720114119j:plain

普通のキャブコンのように、背面の一部が扉になっている構造ではなく、

背面全体が開きます。

デザインはスタイリッシュで、洗練された印象です。

 

それはいいのですが・・・、困ったことが一つ。

 

f:id:may_sha:20190720114659j:plain

雨の日に、バックドアを開けると、

 

f:id:may_sha:20190720114736j:plain

ドアと本体の間に、隙間ができるため

荷物の出し入れ等していると、背中が雨でベチャベチャに

なってしまうのです・・・。

 

f:id:may_sha:20190720114859j:plain

水平程度に保てば、まだましですが、

全開にすると、扉に当たった雨が滝のように流れ落ちてきて、

 

f:id:may_sha:20190720115022j:plain

荷室の床までベチャベチャになってしまうのです・・・。

 

f:id:may_sha:20190720115159j:plain

普通の車のハッチバックは、

 

f:id:may_sha:20190720115230j:plain

開けても、車体についている溝から外に流れ落ちる構造になっていますが、

ウラルエイジアでは、難しそうです。

 

そこで!!

 

f:id:may_sha:20190720115405j:plain

扉の幅分の薄手ゴムシートを用意しました。

幅が30センチほどあります。

それにマジックテープを貼って、

 

f:id:may_sha:20190720115720j:plain

車体側には、同じくマジックテープの対を貼り付け。

 

f:id:may_sha:20190720115836j:plain

裾を外に出すようにしてくっつけると、

雨水が隙間から落ちてこなくなりました。

 

f:id:may_sha:20190720115953j:plain

内側から見ると、隙間がゴムシートで覆われていますね。

 

f:id:may_sha:20190720120039j:plain

マジックテープ式なので、

必要なときだけ、取り付けます。

このまま扉を閉めて、つけっぱなしでも良さそうですが、

見栄えが悪いし、風でバタバタして外れると大変なので、

取り外します。

 

ファンルーチェさんに提案ですが、

なにかこう、本体と扉の上部をつなぐ、柔らかい防水のシートで

本体にマッチする、そういうもの作ったらどうでしょうかね。