beetle 1303 と、その仲間たち。

VW type1 1975年製 1303と、1996年製JEEPチェロキー、ハイエースベースのキャブコンキャンピングカー・ファンルーチェ”ウラルエイジア”、2002年製のレンジローバー、あとボロボロの畑作業用タウンエーストラック、など楽しいクルマのブログです。

グッバイ、チェロキー

タンク内の錆がひどくて、

不調に見舞われていたチェロキー。

 

これはそのタンク内の錆。

 

アウトレットカーズからは、予想通り、その後は知らん顔。

検討してまた連絡する、と言ったきり。

販売書を見ると、「現状販売」となっているので、

やむを得ません。

 

チェロキーに罪はないが、

やはりここは精神的に一度リセットが必要と思い、

サヨナラすることにしました。

 

下取りに出そうとしたけど、買取価格、なんと5万円!、と

言われ、ヤフオクに出すことに。

ヤフオクでは盛り上がって、質問コーナーも掲示板状態に、

最後、同じ石川県の若い方に無事、お譲りすることが

できました。

修理代は回収しました。

 

ナンバーを外して、一旦廃車に。

仮ナンバーで引き取りに来られました。

 

ヤフオクの質問で、タンクの新品を売っているところを教えてくれる方がいて、

落札者さんも、そこですでにタンクを入手されていました。

 

その質問ページが活況だったのですが、

なんとそのなかに、同じアウトレットカーズで、ひどい目にあった方が

いたのでびっくりでした。

 

私の場合は、このタンク内の錆がひどいのとか、

その他整備不良多数、といった感じでしたが、

その方は、ブレーキの整備不良で、パッドが裏表逆に付いていて

なんと死にかけたそうです・・・。

恐るべし、アウトレットカーズ・・・。

ジャンク車を外見だけきれいにして高く売る、

という手法なんでしょうか。

 

しかし、初期チェロキーは、やっぱりかっこいい車です。

角張ったデザインなど、また機会があれば乗りたいです。

ただし今度はアウトレットカーズ以外の店で。

 

来週の金曜日は、いよいよビートルくんの納車です。

 

グッバイ、チェロキー。

 

 

beetle type1 1303 もうすぐ納車です!!

待ちに待った、

beetle type1 1303が、

いよいよ、

もうすぐ、

納車です!!

 

今日は春日井のアーリーガレージさんへ、手続きの書類のことで行ってきました。

 

いま最終仕上げ中です。

 

シートはきれいな茶色になり、ハンドルやその周りとよく調和していて、

気に入りました。

 

天井も、きれいになっていますよ。

 

古いビートルの鉄板むき出しではないですが、

木目がいい雰囲気を出しています。

 

エンジンもピカピカです!

 

購入を決めてから整備に3ヶ月以上ですからね。

(正確には整備の、順番待ち)

でも、あと10日です!

 

ファンルーチェ・ウラルエイジア~内部レビュー・後編

ファンルーチェのウラルエイジア。

 

2018年1月、真冬に納入され、あれからもう1年9ヶ月経ちました。

 

その間、数えてみたら、合計127泊、

内訳は、仕事で121泊、子どもたちと遊びで6泊・・・、でした。


ほとんど仕事でしか使っていない、という・・・。

 

そんなウラルエイジアの内部レビューと、私のいろいろ工夫した点もご紹介します。

 

その後編

f:id:may_sha:20190907170304j:plain

 

冷蔵庫は色々なタイプがあり、

購入を検討されている方は悩ましいところだと思いますが、

ウラルエイジアでは引き出し式です。

私が買ったモデルでは、出入り口の横についています。

これには非常に困ったことが。

 

スイッチがこのいちばん奥にあるのですが、

まず場所的にONにしづらい・・・。

しかも固くて、しかも指が滑って、なかなか回せない・・・。

 

 

最初冷凍庫の仕切りと、枠がついていたのですが、

邪魔で両方とも撤去しました。

これじゃ、ものがあまり入りませんね。

 

外してしまうと広々となって、スーパーで買ったものを、

袋のままドサッと入れられ、

しかも外に立ったまま、なかに入らなくても入れられるので、

それは便利かな、と思います。

 

いまはマイナーチェンジされシンクの下部について、前扉式になっています。

普通の冷蔵庫みたいな形状なので、使いやすさで言ったら

現行モデルでしょうね。

 

その冷蔵庫の上は引き出し式の収納になっています。

正直、あまり使わないのですが、

これの困ったところは、出した状態でロックがかからないことです。

たまにしまった状態でもうまくロックが掛かっていないことがあり

ブレーキを踏むと、ビヨーン、と出てきて、

加速すると、ビヨーン、と戻ります・・・。

 

ここも変更され、折りたたみ式のテーブルに変わっています。

 

出入り口横に、シューズラックを置きました。

ほとんど荷物置き場になっちゃってますが、便利です。

特に一番上段に買い物かごを置くと、いろいろちょっとしたものが

入れられるので、重宝しています。

 

 

ベッド下の収納へ続く扉です。

ここの作りは酷いです。

扉のヒンジの固定がちゃちなので、

荷室に荷物を入れて、急ブレーキを踏んで、

荷物が扉にぶつかることがあると、

その扉ごとネジも吹き飛んで、取れてしまします。

すごく短いネジでしか固定していないので、

荷室からの衝撃に耐えられません。

 

これは購入時に、改善されているかどうか、

確認されたほうがいいと思います。

担当者には伝えましたが、直してはくれませんでした。

 

いま長いネジと接着剤で止め直して、

でもネジが飛び出してしまうので

たまたまあった耳栓のスポンジを丸く切って飛び出した部分

を隠しています。

 

また修理に出す機会があれば、直してもらいたい所です。

 

で、その荷室ですが、

手前に長いものが横に入れられるスペースがあるので、

これが意外と役に立ちます。

スキーは入らないので、その場合は居室への扉を開けて、

縦に入れています。寒いですけど。

 

私は家族とキャンプに行くとき、テントで寝ますが、

テント、タープ、その他もろもろ、だいたいここに収納できます。

 

ここはきれいな水を入れる20Lタンクが2個入るスペースですが、

湿気対策のために、輪ゴムを引っ掛け、タオルを掛けて、

少し隙間ができるようにしています。

扉に換気口を付けてほしいところです。

 

トイレは、専用のスペースはありませんが、

緊急時、とか、どうしてもトイレがないところで車中泊するのに備えて

簡易トイレを置いています。

 

実は水洗式のポータブルトイレも買ったのですが、

薬剤を入れたり、入れてもその有効期限があったり、

やはり汚物を流すのが大変だったり、とお蔵入りになりました。

 

この折りたたみ式のトイレなら、ネットで簡易トイレの袋を買って、

そのまま自宅のゴミに出せますので、便利です。

購入時に気負ってポータブルトイレを買うのは、よく考えたほうがいいと

思います。

 

トイレットペーパーホルダーと、終わって立ち上がるときにつかまる取っ手、

携帯式のウォッシュレットを引っ掛けるフックを取り付けました。

 

取っ手って?、と思うかもしれませんが、

これがないと、座面が低いのと、狭いので、立ち上がれません・・・。

 

掃除道具は常に車載しています。

布団掃除機と、スティッククリーナー。

どちらもバッテリー式。

このアイリスのクリーナーは、非常にヘッドがよく動くので、

キャンピングカーの狭い室内には、もってこいです。

 

最初専用にHDDレコーダーを付けてもらいましたが、

もう、全く使えませんでした。

わざわざ、操作窓まで開けてもらったのに、結局は取り外すことに。

 

なぜそうなったかは、やはり担当者との意思疎通不足。

こちらからのメールで、「HDDレコーダー」と言っているのに

返事のメールでは「DVDプレーヤー」になっているので、おかしいな、と

思っていましたが、やっぱり、ただDVDを再生するだけ、としか認識されて

いないようでした。

 

そもそもDVDを再生するだけだったら、こんなHDDレコーダーなんて高いもの

いらないはずですが。

 

結局システム的にも、HDDレコーダーとして、

録り貯めたものを見ることもできず、

DVDプレイヤーとしても、運転席と同時に使わねばならず

どうにも使えない代物になってしまいました。

 

そもそも、ですが、

HDDレコーダーとして録り貯めるには、

地域を設定しないといけませんが、

移動していると、地域が変わって、いちいち設定をし直さないといけなく

結局は使えないもの、なのでした。

 

なので、キャンピングカーにHDDレコーダーを載せようと思っている方は、

そのへん、よく検討されたほうがいいと思います。

 

おすすめはamazon fire TVstickです。

 

車中泊の夜に、ビデオ鑑賞など、いかがでしょうか。

モバイルルーターがあればいいですが、

お持ちのスマホでデザリングでも使えます。

 

以上、室内ご紹介、というかレビュー・・・、

でした!

 

小噴火後の浅間山を望む。

 

 

ファンルーチェ・ウラルエイジア~内部レビュー・前編

ファンルーチェのウラルエイジア。

 

2018年1月、真冬に納入され、あれからもう1年9ヶ月経ちました。

 

その間、数えてみたら、合計127泊、

内訳は、仕事で121泊、子どもたちと遊びで6泊・・・、でした。

 

ほとんど仕事でしか使っていない、という・・・。

 

そんなウラルエイジアの内部レビューと、私のいろいろ工夫した点もご紹介します。

 

f:id:may_sha:20190907170304j:plain

 

まずは流し台。

できれば、ステンレス製の、もうちょっと大きいシンクが良かったのですが、

別に料理をするわけでもなく、洗面さえできればそれでいいので、

いまは不自由していません。

タオル掛け、伸縮式のミラー、歯磨きのコップ置きを付けました。

 

いまマイナーチェンジされて、

まさに私が希望していたシンクになっています。

うぅ、ずるい・・・。

 

出入り口上には、カップディスペンサーを。

なにかと便利です。

 

下にミラーを付けたのですが、

上に電子レンジがあり、使いづらいので、

思い切ってその電子レンジの扉にミラーを貼り付けました。

髭剃りとか、コンタクトを装用するのに、屈まなくても良くなったので

すごく便利になりました。

電子レンジの中は見えなくなりましたが・・・。

 

片隅には、シェーバーの洗浄器を設置。

不安定で、どうにもならなくて、底にはマジックテープ、

さらに紐で固定しています。

 

洗浄液は装着したままだとこぼれてしまうので、

コンテナとラップとスポンジシートで、こぼれないようにパッキングしています。

 

テレビは最初しばらく苦労しました。

初め、後ろでテレビを観るのに、運転席のテレビも点けていないといけなくて

しかも音声が、前からやたらやかましく聞こえる状態で、

どうにも使えませんでした。

なんでこんな状態なんだ??、と思ったけど、

最初の段階で、キャンピングカーランドさんと完全に意思疎通不足でした。

 

いろいろ直してもらって、

結局、運転席のテレビと、後ろのテレビは完全独立として、

フィルムアンテナを2個、チューナーも2個、設置しました。

 

皆さんどうしているのでしょうか?

前と後ろが連動なんて、ありえないと思うけど。

 

あと、室外アンテナを希望したけど、構造上付けられない、

ということだったけど、マイナーチェンジしたらしく

新しいウラルエイジアを見たら、室外アンテナが付いていました・・・。

 

いまはこれにアマゾンビデオが見られるFireStickを付けて、

モバイルルーターでオンラインビデオが見られるようになっています。

あとamazon  echoも付けて、Alexaが使えるようにしています。

 

キャンピングカーを買う前に散々悩んだ、エアコン問題。

ウラルエイジアにはエアコンが付いていますが、正直ほとんど使いません。

つけるとバッテリーがどんどん減っていくので、

精神的に使えません・・・。

暑いときは、車のエンジンを掛けて、車のエアコンを使っています。

道の駅やSA・PAではその方が気が楽です。

 

寝るときに消して、壁に断熱材が入っているので、真夏でも朝まで寝られます。

運転席の窓から熱が入ってきますが、専用のキルトの断熱シェードを付けて、

運転席と居室の堺のカーテンを閉めれば、かなり防ぐことができます。

 

キャンピングカーに居室用エアコンがいるかどうか迷っている方には、

私はいらない、と言っておきますが、使い方によります。

 

真夏にペットを置いて数時間出かけるという方は、必要だと思います。

ただし戻ってきたら、サブバッテリーが空かもしれません。

 

また、真夏にキャンプして、電源サイトでエアコンを使いたい方は

必須だと思います。

キャンピングサイトでエンジン掛けっぱなしはできませんから。

でも、キャンプに行ってエアコンっていうのも、なんだかな~、

って感じですけど。

 

エンジンOFF時の暑さ対策は、

天井ファンをつけて少し窓を開けると、風がよく入ってきます。

また、

電源と、モバイルバッテリーも使えるファンや、

「ここひえ」という気化熱を利用したちょっとした冷風機を

よく使っています。

扇風機は

「トップランド 18cm コンパクト デスクファン コードレス どこでもファン」が

おすすめです。

 

さて、

上部の収納は、深さが十分あるので、

100均とかで売っている整理用のコンテナが入ります。

右側はキャンプ用のポットや鍋が入れてありますが、

扉を開けるたびに落っこちてきていたので、

ブックエンドを差し込んで、安定させています。

 

後編へ続く・・・。

ファンルーチェ・ウラルエイジア~パッキンが再び剥がれる

ファンルーチェのウラルエイジア。

明日は名古屋で仕事なので、今日の夕方は泊まりの出発準備です。

f:id:may_sha:20190907163509j:plain

月に2回ほど、土日にキャンピングカーで寝泊まりしながら、

愛知県あちこちで仕事をしてきます。

今日は脚立を出して必死に、天井を洗いました。

 

今日は気温が高く、

後ろのドアを開けると・・・、

ベリベリっと音がして、パッキンが剥がれてしまいました。

 

実はこれ、2回め。

1回は、この車の製造販売元である名古屋のキャンピングカーランドさんで

直してもらいましたが、同じように貼り付けただけだったのか、

また剥がれてしまいました。

 

今度はしっかり接着剤でくっつけました。

気温が高いと熱で反対側に貼り付いてしまうようですね。

 

他にも改善してほしい点は、

後ろのドアの、構造。

まずレバーの部分がちゃちで、

鍵が、超小さい!!

職場のロッカーの鍵よりも小さい。

娘の子供の頃に買った雑誌の付録にあった

宝物入れの鍵と同じくらい・・・。

 

でも、部品がこれしかなくて、現状ではしょうがないらしいです。

ハッチバックのドアみたいなのがいいのですが、

それだとドアが反ってしまうそうです。

 

やむを得ませんねー。

 

しばらくこのバックドアが不調で、

走行しているとロックが外れてしまうトラブルがありましたが、

結局、ヒンジの付け根が折れていたそうです。

 

1年ほどかけて、いろいろ調整したり、仕様を変更して、

いまは何も不具合なく過ごしていますよ。

 

 

 

 

チェロキーのガソリンタンク内、すごいサビ・・・

北海道は北広島市にある、チェロキー専門店outlet cars(アウトレットカーズ)で

買った、1996年製のチェロキー。

f:id:may_sha:20190904221655j:plain

これが、まぁ、調子悪くて。

届いた初日からトラブル、

以降、もうすぐ1年ですが、トラブルの連続で、

いよいよ諦めて手放そうか、というところです。

 

結局、すっとoutlet cars(アウトレットカーズ)さんからは、予想通り、

音信不通で、なんの連絡もありません。

 

先日、ずっと修理していただいていた地元の車屋さんで、

そのトラブルの元になっていたガソリンタンクの画像を

もらいました。

 

それがこれ!

https://lh3.googleusercontent.com/ZwlUQhrwzk_1l3bwhPslRdw5rfr3ccOHrOvpDm397rhKCIyiK_BNTpbm9hQ3CkdkS0uBuQKL7LlFs4h7UC5BMyeXWoS3kClMDSQBoOftJHm-aG8zoDnwLyZs-TWWRPhPkv3axnKcADHUIav6QviOvvkyYAHOv37nT5qPKMplICDwDzddCHjK2Sc3Jx8u7dIWURLfriW5FJOgLsmNxpMjWoMx6Z-mZdTYknKNApwvQShzG0pPPJ-PvfI9iZdmCKWaOaqsvxT-VecjANUtii9TXRjWIttPoSmGMI9ybNtG65P1Ko5smnu2dJvZiaYpaAI0nd3hOAPJ1Ye8XR5MWBZl-HraBB6zwCGFevSLeOsxFrBelJNY731ph_XS_hK6xk4aLhkM-zbcx0SHdYhvm9gHOfm68-UlmfxQc66gUK7pIm-vg28rZQyUfp3AR8A5owb1UqPsTSCcnQYc4d_nl4nff1wYP6i0g42c0Qi7CsI-WnIxyaEWoOq7hnBlhDjS_4Z01KhTgOkWQOKsB7ymrQM1TOSg1liw1Z-UfiTDVhN0NqrpHhGH9c99akvWJH_hcQbn28LsLTEfySEv8yxy3olk7ZR8_1x7bKuza6qNpABxx9_w93mpB5fZ0oPgeLEWcS9tTOTnLariIZd7S6DYoMDnijY0r_D1KHFW8RDz9h-IBORrkoKtiYI7Tmc=w640-h480-no

ドヒャー!

サビだらけ、というより、サビのヘドロ化!

これ売るか~?

 

もう、フィルターなんか、フィルターの様相を呈しておらず

なんかもうチョコレートを塗りたくったような状態ですね。

これじゃ、燃料は送られませんわ。

 

f:id:may_sha:20190904222650j:plain

このoutlet cars(アウトレットカーズ)という店は、

ボロボロの車を、外装だけ(ホントに外装だけ)きれいにして

ろくに整備もしないでそのまま売っているんでしょうか。

内機関は当然ボロボロだけど、内装もボロボロです。

売った時点で、天井が剥がれていて、そのままですから。

店は、ロシア人の中古車屋みたいに、プレハブです。

郊外のジャンクヤードみたいなところに、似たようなプレハブの店が

何件か並んでいます。

自社整備工場を持っていないので、整備は人任せみたいです。

 

で、今、

ちゃんと直してもらうか、買い取ってもらうか、

聞いているところです。

 

さて、ちゃんと対応してもらえるのか、

やっぱり知らん顔放置なのか、どうでしょう。

 

 

 

ファンルーチェ・ウラルエイジア~雨の日にバックドアを開けると、背中がベチャベチャになる問題を解決する。

ファンルーチェのウラルエイジア。

f:id:may_sha:20190720114119j:plain

普通のキャブコンのように、背面の一部が扉になっている構造ではなく、

背面全体が開きます。

デザインはスタイリッシュで、洗練された印象です。

 

それはいいのですが・・・、困ったことが一つ。

 

f:id:may_sha:20190720114659j:plain

雨の日に、バックドアを開けると、

 

f:id:may_sha:20190720114736j:plain

ドアと本体の間に、隙間ができるため

荷物の出し入れ等していると、背中が雨でベチャベチャに

なってしまうのです・・・。

 

f:id:may_sha:20190720114859j:plain

水平程度に保てば、まだましですが、

全開にすると、扉に当たった雨が滝のように流れ落ちてきて、

 

f:id:may_sha:20190720115022j:plain

荷室の床までベチャベチャになってしまうのです・・・。

 

f:id:may_sha:20190720115159j:plain

普通の車のハッチバックは、

 

f:id:may_sha:20190720115230j:plain

開けても、車体についている溝から外に流れ落ちる構造になっていますが、

ウラルエイジアでは、難しそうです。

 

そこで!!

 

f:id:may_sha:20190720115405j:plain

扉の幅分の薄手ゴムシートを用意しました。

幅が30センチほどあります。

それにマジックテープを貼って、

 

f:id:may_sha:20190720115720j:plain

車体側には、同じくマジックテープの対を貼り付け。

 

f:id:may_sha:20190720115836j:plain

裾を外に出すようにしてくっつけると、

雨水が隙間から落ちてこなくなりました。

 

f:id:may_sha:20190720115953j:plain

内側から見ると、隙間がゴムシートで覆われていますね。

 

f:id:may_sha:20190720120039j:plain

マジックテープ式なので、

必要なときだけ、取り付けます。

このまま扉を閉めて、つけっぱなしでも良さそうですが、

見栄えが悪いし、風でバタバタして外れると大変なので、

取り外します。

 

ファンルーチェさんに提案ですが、

なにかこう、本体と扉の上部をつなぐ、柔らかい防水のシートで

本体にマッチする、そういうもの作ったらどうでしょうかね。